アフィリエイト広告を利用しています

ミニ四駆GTアドバンス完全ガイド!コストを抑えて楽しむ実車系はコレ!!

ミニ四駆GTアドバンスのレギュレーションが熱いミニ四駆

ミニ四駆は、子供から大人まで幅広い層に愛される魅力的なホビーです。しかし、競技レベルが高まるにつれ、高価なパーツの使用や複雑な改造が必要となり、特に子供たちにとっては参加のハードルが上がってしまう傾向にありました。

そこで、より多くの人々が手軽に楽しめる競技として注目を集めているのが、「ミニ四駆 GTアドバンス」です。

 

GTアドバンスは、お金をかけずにミニ四駆を楽しむというコンセプトのもと、実車モデルのボディーの使用や、見栄えを改善するための加工を限定的に許容する一方で、カーボンプレートやベアリングの使用を制限し、加工改造を控えることで、競技への参加コストを大幅に抑えています。

この経済的アクセシビリティが、GTアドバンスの最大の魅力となっており、ミニ四駆の新たな展開を示しています。

この記事では、GTアドバンスのルールと特徴、愛好家たちからの評価、そしてその将来展望について掘り下げていきます。

さらにGTアドバンスを最適に楽しむには、おすすめのキットを紹介しています。

 

 

ミニ四駆超速ガイドは読んでおいた方がいい

 

スポンサーリンク
  1. ミニ四駆 GTアドバンスのレギュレーション(ルール)
    1. GT-ADVANCED
    2. 使用可能ボディー一覧表
      1. ミニ四駆 PROシリーズ
      2. ミニ四駆 REVシリーズ
      3. レーサーミニ四駆シリーズ
      4. ラジ四駆シリーズ
      5. ワイルドミニ四駆シリーズ
  2. GT-ADVANCED/GTアドバンスの現状
    1. GT-ADVANCED 九州GP2024
    2. GTアドバンス限定コンデレを開催中
  3. GTアドバンスのカスタマイズ:パーツと改造の可能性
    1. パーツ選択の重要性
    2. 改造の制限と創造性
    3. セットアップの精密さ
    4. 競技レベルでの均一性
    5. 実際は何が有効なのか?
  4. ミニ四駆愛好家によるGTアドバンスの評価とアドバイス
    1. ミニ四駆愛好家からの評価
    2. 初心者へのアドバイス
    3. 上級者からのティップス
    4. レース戦略の共有
    5. 仲間達との連携
  5. ネオVQS アドバンスパック(VZシャーシ)の特徴とGTアドバンスへの適合性
    1. アドバンスパックの構成は正にこの競技用
    2. ネオVQSのボディーについての注意点
    3. 経済性とエントリーレベルの魅力
  6. ミニ四駆 GTアドバンスの将来展望:経済的アクセシビリティの推進
      1. 経済的アクセシビリティの重要性
      2. デザインと競技性のバランス
      3. ミニ四駆文化の拡張と持続可能性
  7. GTアドバンスのレギュ 実際どのキットが売っている?
      1. ミニ四駆 PROシリーズ
      2. ミニ四駆 REVシリーズ
      3. レーサーミニ四駆シリーズ
      4. ラジ四駆シリーズ
      5. ワイルドミニ四駆シリーズ
  8. まとめ

ミニ四駆 GTアドバンスのレギュレーション(ルール)

ミニ四駆 GTアドバンスは、以下のレギュレーションに基づいて競技が行われます。

福岡のMini4Circuit ARCADE BASEさん、TKDサーキットさんを中心に運営されているようです。

GT-ADVANCED

「GT」=実車系プラボディー
「ADVANCED」=ネオVQSアドバンスパックの改造ランク
この2つをミックスして生まれたクラスです。
みんなでゆる〜く遊ぼうがコンセプトです♪

ミニ四駆公認協議会規則に準じ、
原則無加工(いわゆるポン付)としますが以下の規定が追加されます。

【加工可能項目】

  • ボディーの加工については以下の場合認められます
    他シャーシへ乗せ替えを行うためのトリミング加工
    パーツが干渉してしまう部分のトリミング加工
    ドライバー人形搭載のためのキャノピー部分オープントップ加工
  • FRPプレートの皿ビス加工
  • 既存ビス穴の貫通加工
  • モーターピン/プロペラシャフトのギア抜け防止加工

 

【制限項目】

  • ギミック改造/ブレーキへの熱処理加工は禁止とする
  • 実車系プラボディーのみ使用可能 ※別紙参照
  • ボディーは定められた方法で完全固定(ボディーキャッチ)すること
  • カーボンプレート使用不可
  • ボールベアリング使用不可
  • ローラー個数の制限を「8個」までとする
  • プラローラーのみ使用可能 ※ゴムリング付は使用不可
  • モーターは以下のいずれかに限ります
    ノーマルモーター(ラジ四駆付属ノーマルモーターは使用不可)
    レブチューン2モーター、トルクチューン2モーター
    アトミックチューン2モーター、ライトダッシュモーター
    上記の各種PROモーターを含む

 

使用可能ボディー一覧表

ミニ四駆 PROシリーズ

  • エストゥーラ
  • シェヴァリア
  • イグニシオン
  • ロボレース
  • GRスープラ
  • ヤリス WRC
  • ヘキサゴナイト
  • マッドレイザー
  • ジルボルフ
  • スパークルージュ
  • ライキリ
  • アビリスタ
  • トライゲイル
  • フェスタジョーヌ
  • ヒートエッジ
  • ブラストアロー
  • アストラルスター
  • ナイトレージ
  • ヒュンダイ i20 クーペ WRC
  • ヒュンダイアバンテ

ミニ四駆 REVシリーズ

  • K4タッシュ
  • K4ギャンボー
  • ロードガイル
  • トライロング
  • バロンビエント
  • ナイトハンター
  • ラウディーブル
  • ジプニー
  • 香港レーシングタクシー

レーサーミニ四駆シリーズ

  • エレグリッター
  • GR ヤリス
  • Honda e
  • ミニ四駆パンダ2
  • マッハビュレット
  • ダイハツ コペン XMZ
  • ダイハツ コペン RMZ
  • 二ッサン Be-1
  • ジョリージョーカー
  • サニーシャトル

ラジ四駆シリーズ

  • スバルインプレッサ WRC2002
  • プジョー 206WRC
  • 三菱ランサーエボリューションVⅡ WRC
  • ZENTトムススープラ
  • カルソニックスカイライン GT-R2002
  • レイブリックNSX2002
  • ポルシェ911 ターボ クーペ フラットノーズ
  • ビームスインテグラ
  • ニッサンフェアレディーZ

ワイルドミニ四駆シリーズ

  • モンスタービートルJr.
  • ブラックフットJr.
  • ランチボックスJr.
  • ミッドナイトパンプキンJr.
  • クラッドバスターJr.
  • ニッサンキングキャブJr.
  • ブルヘッドJr.
  • トヨタハイラックスモンスターレーサーJr.
  • トヨタハイラックスサーフJr.
  • ニッサンテラノ’93パリダカ仕様
  • マンモスダンプ
  • ジャガーノートJr.
  • いすゞビークロス チームジオランダー

GT-ADVANCED/GTアドバンス【公式】より引用 (2024年1月)

 

GT-ADVANCED/GTアドバンスの現状

GTアドバンスは「X」によるツイートを中心に活動しているようです。

GT-ADVANCED 九州GP2024

GT-ADVANCED/GTアドバンス【公式】さんのツイートによると、

2024年に各地で予選レースを行い、年末か年始に九州で決勝を行うとの予定です。

楽しみですね〜!!

みなさん奮って参加してくださいね!

 

GTアドバンス限定コンデレを開催中

GTアドバンス限定コンデレを開催中ですね。
当選するとリモートレースに参加可能!?

 

GTアドバンスのカスタマイズ:パーツと改造の可能性

ミニ四駆GTアドバンスでは、カスタマイズに関して厳しい制約がありますが、それでも競技性を高めるためのパーツ選択とセットアップの工夫は可能です。

ここでは、GTアドバンスレギュレーションの範囲内で行えるカスタマイズの可能性について探ります。

パーツ選択の重要性

  • GTアドバンスでは、使用可能なパーツが限られているため、適切なパーツ選択が重要になります。レースに適したタイヤの選択、バランスの取れたギア比の設定、そしてレースコースに合わせたローラーの配置などが、勝利に直結する要素です。

改造の制限と創造性

  • 加工や改造が基本的に禁止されているため、ポン付け組み立てが基本となります。しかし、これにより、既存のパーツを如何に効果的に組み合わせるかが、ドライバーの創造性を刺激します。

セットアップの精密さ

  • レースで求められるのは、細かなセットアップの精密さです。シャーシのバランス、重量配分、ローラーの角度調整など、微調整がパフォーマンスを大きく左右します。

競技レベルでの均一性

  • 全ての参加者が同じルールの下で競うことで、ドライバーの技術やセットアップ能力が公平に競われます。GTアドバンスは、基本的に改造禁止なので技術の均一性を保ちつつも、各ドライバーの個性を表現する機会が提供されます。

実際は何が有効なのか?

以下のパーツがきっと有効ですよ。
そのうち手に入らなくなるかもです?

ミニ四駆グレードアップパーツ No.478
ボールリンクマスダンパー (スクエア)
FRPプレート製です。

 

AO-1002 ミニ四駆メタル軸受けセット
ボールベアリングは使用不可ですのでこれに変わるメタルベアリングが有効でしょうか?

いや、低摩擦樹脂の方がいいのか?どうも低摩擦樹脂の方が良やそうです。

 

キットならやはりこれスターターパック

スターターパックは現在も購入しやすく、特にMAパワータイプとFM-Aバランスタイプは組んでそのままレースに出れるくらい優秀ででコスパがとても良いです。

参加者たちはMAが早いという人が多いです。

\これ素組するとGTアドバンスマシンです/

スターターパックFMAバランスタイプ(ラウディーブル)

 

\これはボディーが対象外です/

 

ネオVQS アドバンスパックは再販されましたが、もう無いですよね!!
もしもどこかで見つけたら買いです。これが断然おすすめなのですが^^;

\これもボディーが対象外です/

 

ミニ四駆愛好家によるGTアドバンスの評価とアドバイス

ミニ四駆GTアドバンスは愛好家たちから特に評価されています。その理由は、競技のアクセシビリティと技術的な深みにあります。ここでは、ミニ四駆仲間達の中でGTアドバンスがどのように受け止められ、どのようなアドバイスが共有されているのかを探ります。

ミニ四駆愛好家からの評価

  • GTアドバンスは、その入門しやすさと、競技としての公平性から高い評価を受けています。経済的なアクセシビリティと、技術的な競争が調和している点が特に支持されています。

初心者へのアドバイス

  • 基本の組み立て: キットの組み立て方を学び、各パーツがどのように機能するかを理解してください。説明書に従い、正確な組み立てを心がけることが重要です。
  • シンプルなセットアップ: 最初は複雑な改造に手を出さず、基本的なセットアップに慣れることをお勧めします。これには、正しいギア比の選択、タイヤの選定、そしてローラーの位置調整が含まれます。
  • 走行テスト: 組み立てたマシンで多くのテスト走行を行い、その挙動を観察してください。小さな変更が大きな違いを生むことを実感するでしょう。

上級者からのティップス

  • 微調整の精度: レースのたびに微調整を行い、マシンのパフォーマンスを最大限に引き出すことが重要です。特に、重心の位置、ローラーの角度、バランスの取れた重量配分に注意を払ってください。
  • コース分析: 各レースコースの特性を事前に把握し、それに最適なセットアップを行うことが勝利への鍵です。コースの曲がり角や地面の材質など、細かい要素も分析しましょう。
  • 継続的な改善: 絶えず改善を行う心構えを持ち、レースごとに得られたデータから学んでください。何がうまくいったのか、何が問題だったのかを評価し、次のレースに活かします。
  • 仲間達との交流: 経験豊富な他のレーサーからのフィードバックを求め、知識を共有してください。ワークショップやフォーラム、レースイベントは貴重な情報源です。

レース戦略の共有

  • GTアドバンスのレースでは、戦略が重要な役割を果たします。コースのレイアウトやレースの流れを読むこと、レース中の冷静な判断が勝利に導くと愛好家たちは語っています。

仲間達との連携

  • GTアドバンスは、単なるホビーを超えた仲間達の絆を築くためのプラットフォームとして機能しています。イベントやオンラインフォーラムを通じて、愛好家たちは経験を共有し、お互いを高め合っています。

素人にはこれが難しいですよね!

 

ネオVQS アドバンスパック(VZシャーシ)の特徴とGTアドバンスへの適合性

ミニ四駆GTアドバンスのレギュレーションは、ネオVQS アドバンスパックの影響を多大に受けていると思われます。

従いまして、ネオVQS アドバンスパックGTアドバンスのルールに準拠したキットとなっています。

このキットは、VZシャーシをベースにしており、その競技性の高さとカスタマイズの自由度が特徴です。

アドバンスパックの構成は正にこの競技用

  • ライトダッシュモーターは、GTアドバンスのレギュレーションに合致しておりミニ四駆用のモーターの中では中間的なパワーです。扱いやすさと競技でのパフォーマンスをバランス良く兼ね備えています。
    但し、ミニ四駆GTアドバンスのレギュレーションの中では最高パワーとなりますので、競技で優勝を狙う方はライトダッシュモーターを仕様することになるかと思われます。
  • FRPプレートは、キットに多数付属しており、シャーシの強度アップと同時に、ブレーキ、制振のカスタマイズの幅を広げます。
  • 6個の低摩擦プラローラーは、GTアドバンスのプラスチックローラー限定のルールに適合しており、マシンのコーナリング性能を高めます。
  • ブレーキセットマスダンパーも付属しており、レース中のコースアウトを防ぐための微調整が可能です。
  • 中空プロペラシャフトスーパーハード小径ローハイトタイヤ、キャップスクリューなども付属して、戦闘力が高いです。

 

ネオVQSのボディーについての注意点

  • ただし、重要な点として、ネオVQSのボディーは実車をモデルにしていないため、GTアドバンスカテゴリーでは使用することができません。
    参加者は実車モデルのボディーを別途用意する必要があります。

経済性とエントリーレベルの魅力

  • ネオVQS アドバンスパックは、各種チューンナップパーツを一体のキットにすることで、大変お得な価格設定になっており、性能の高いマシンが完成しますので、とても人気のある定評のあるキットです。
  • コストパフォーマンスに優れたキットとして、新たにGTアドバンスに参戦するドライバーにとっても、熟練したレーサーにとっても、大変有効なキットです。

 

ネオVQS アドバンスパックは再販されましたが、大人気なので既に売り切れですよね!!
もし、どこかで見つけたら買いです。ネットでは高額で出展されています。

下の写真はこのキットを素組みした物です。未だブレーキスポンジを張っていませんが、実車系ボディーを乗せるとそのままそのままレースに参戦しても良さそうな感じです。

 

ミニ四駆 GTアドバンスの将来展望:経済的アクセシビリティの推進

ミニ四駆 GTアドバンスは、ミニ四駆をより多くの人々に手軽に楽しんでもらうための重要な取り組みです。このカテゴリーは、「お金をかけずにミニ四駆を楽しむ」という最大の目標を掲げており、その実現に向けて積極的に進化しています。

経済的アクセシビリティの重要性

  • GTアドバンスでは、高価なカーボンプレートやベアリングの使用を制限し、加工改造を控えることで、1台あたりのコストを抑え、誰もが競技に参加しやすい環境を提供しています。
  • このアプローチにより、特に子供たちや初心者が、経済的な負担を感じることなくミニ四駆を楽しむことができます。

デザインと競技性のバランス

  • 実車モデルのボディー使用と限定的な見栄えの改善が許されているため、ドライバーは技術だけでなく、デザインの面でも創造性を発揮することができます。
  • このバランスにより、GTアドバンスは、ミニ四駆の競技性とビジュアルの魅力を同時に提供しています。

ミニ四駆文化の拡張と持続可能性

  • GTアドバンスのような経済的にアクセシブルな競技形式は、ミニ四駆文化の持続可能な発展に寄与します。より多くの人々が参加しやすいことで、仲間達は活気に満ち、新たなファンを生み出します。
  • 競技の敷居を下げることにより、将来的にはさらに多様な人々がミニ四駆の魅力を発見し、共有することになるでしょう。

 

改造なし。高価なパーツの使用禁止。というルールで絶対ファンは増えますよね!
実車系限定も外すと更に敷居が低くなるかもですね?

 

GTアドバンスのレギュ 実際どのキットが売っている?

GTアドバンスで限定されているボディーですが、実際ECサイトで購入可能なのか?確認しました。

一部のキットはECサイトでは購入できない物がありますね。(2024年1月調べ)

 

ミニ四駆 PROシリーズ

 

ミニ四駆 REVシリーズ

FMAシャーシ。

 

レーサーミニ四駆シリーズ

VZシャーシ、VSシャーシ、スーパーⅡシャーシ、タイプ3シャーシ、ARシャーシ。

 

ラジ四駆シリーズ

Amazon、楽天、Yahooで検索しましたが、ほとんど打ってないですね。
無い事はないですが有っても高価でした。

タミヤの公式ページにも情報が載ってないようです。

  • スバルインプレッサ WRC2002
  • プジョー 206WRC
  • 三菱ランサーエボリューションVⅡ WRC
  • ZENTトムススープラ
  • カルソニックスカイライン GT-R2002
  • レイブリックNSX2002
  • ポルシェ911 ターボ クーペ フラットノーズ
  • ビームスインテグラ
  • ニッサンフェアレディーZ

倉庫で見つけました。
ラジ四駆キット

 

ワイルドミニ四駆シリーズ

ワイルドミニ四駆シリーズも結構古いモデルが対象キットになっていますね。

 

まとめ

ミニ四駆 GTアドバンスは、競技のアクセシビリティと競技性を見事に融合させたカテゴリーとして、ミニ四駆仲間達内で急速に注目を集めています。

経済的アクセシビリティを重視し、初心者から熟練者まで幅広い層に開かれた競技環境を提供していることが、このカテゴリーの大きな魅力です。
また、実車モデルのボディーの使用や限定的な見栄えの改善を許容することで、技術とデザインの両面で創造性を刺激しています。

GTアドバンスは、ミニ四駆の持つ「手軽に楽しむ」という本質に立ち返りつつも、競技性とスキルを高めるための挑戦を提供しています。
これにより、ミニ四駆が単なる子供の玩具から、すべての年代が楽しめる本格的なホビーとしての地位を確固たるものにしていくでしょう。

将来的には、GTアドバンスはミニ四駆文化の新たな潮流を生み出し、より多様な参加者を引き寄せることが期待されます。
低コストで参加できることが、新たな参加者を魅了し、ミニ四駆の持続可能な発展に寄与することでしょう。

GTアドバンスは、競技の楽しさとともに、技術的な挑戦を求めるすべての愛好家に、新たな舞台を提供しています。

不明な点は #教えてGTアドバンスで解るようです。

 

\知ってた方がいいみたい/

付録のステッカーが良い💗