ミニ四駆 おすすめ改造 最速を目指すバウンド減少改造まとめ

ミニ四駆 おすすめ改造 最速を目指すバウンド減少改造まとめ ミニ四駆
スポンサーリンク

ミニ四駆で最速を目指すには、バウンドを少なくする応用技術が必要です。

ここでは、バウンドを減少する為に有効な改造をまとめ、皆様方の要望に沿った改造をピックアップして頂ければと思います。

スポンサーリンク

最速を目指すためのバウンド減少改造

ミニ四駆の速度アップ基本改造で速度が上がると、ジャンプの飛距離が伸び、着地時のバウンドが大きくなりコースアウトの可能性が高くなります。そこで、着地時の衝撃を吸収し、バウンド量を減少する対応が必要になります。

ホイール・タイヤの硬度アップ

ミニ四駆のバウンド減少のためにホイール、タイヤの選定は重要です。タイヤの径は速度に直結しますが、ここではバウンドの減少に絞って記述いたします。

ホイール・タイヤの大きさ

ホイール・タイヤには、大きさで大別すると3種類があります。(写真追加予定)

  • 大径(タイヤ直径31mm)
  • ローハイト(タイヤ直径26mm)
  • 小径(タイヤ直径24mm)

同じ材質のホイール・タイヤで比較すると、(構造差によりそうならないこともありますが、)大径は小径より柔らかくなります。従って、大径はバウンドし易く、小径が一番硬くてバウンドしない事になります。

ホイールの材質

ホイールは材料で大別すると3種類あります。(写真追加予定)

  • プラスチック製(普通の物)
  • 強化プラスチック製
  • アルミ製

同じ大きさのホイルで比較するとプラスチック製は柔らかく、アルミ製が硬いのは簡単に想像できると思います。従って、プラスチックはバウンドし易く、アルミ製が一番硬く、バウンドしない事になります。

タイヤの材質

タイヤの材質は大別すると2種類あります。

  • スポンジタイヤ
  • ゴムタイヤ

スポンジタイヤに比べるとゴムタイヤの方が固く、バウンドは少なくなります。

さらに詳しく調べるとゴムタイヤにもたくさんの種類があります。

ゴムタイヤの種類(写真追加予定)

  • ソフト
  • ノーマルゴム
  • ハードタイヤ
  • スーパーハード
  • ローフリクションタイヤ

ノーマルタイヤは柔らかいので跳ね易く、ローフリクションタイヤは硬くてバウンドしにくくなっています。更に、そのタイヤを削ってタイヤの厚さを薄くする(ペラタイヤ)と、更にバウンドしにくくなります。(但し駆動力は逆で、ローフリクションタイヤは駆動力が低く、駆動伝達力は犠牲になります。)

従って、ホイール・タイヤの跳ねやすさをを比較すると、以下の結果になります。

バウンドし易さと特徴

プラスチック 強化プラスチック アルミ
大径 バウンドし易いが、速い。軽めで安価。 バウンドし易いが、速い。軽い。 バウンドは少なめも、速い。重くて、高価。
ローハイト バウンドは少なめ、軽くて、安価。 バウンドは少なめ、軽め。 バウンドは少ない。重くて高価。
小径 バウンドは少なめ、軽くて、安価。 バウンドは少なめ、軽め。 バウンドは最も少ない。重めで高価。
  1. 右下の小径ホイールでアルミ製の物にローフリクションタイヤを薄く削って装着したものが、最もバウンドしない事になります。
  2. 左上の大径ホイールでプラスチック製にスポンジタイヤを厚いまま装着したものが、最もバウンドし易い事になります。
  3. 現状、大会等で上位入賞する方々は、ローハイトホイールにローフリクションペラタイヤの組み合わせで直径24mm以下にしている人が多いと思います。(写真追加予定)

バウンド減少改造

フロント提灯

マスダンパーをフロントタイヤの近くに配備しており、その見た目が提灯に似ているのでこう呼ばれている様です。大会ではほとんどの人が採用しています。初めて見た時は衝撃を受けました。(あ、でもその時はフロントでなくリアを支点にした提灯システムでした。)私には全く発想できないシステムですが、見ただけで効果絶大なのは理解できました。賢い人はいるものですね。ただ、ボディーがパカパカするのが嫌いな人も多い様です。(写真追加予定)

東北ダンパー

東北の大会で初お目見えになったもので、こう呼ばれているそうです。現在はリア側で実装される方が多いと思います。(写真追加予定)

キャチャーダンパー

東北ダンパーの簡易版の様なものです。改造も簡単で安価でできますので、おすすめです。これも、リア側で実装する方が多いと思います。(写真追加予定)

MSフレキ

MSフレキは、MSシャーシ特有の改造です。MSシャーシはモーターをミッドシップノーズ、センター、テールの3分割で構成されていますが、ノーズ、テールがセンターシャーシを基準に上下にスライドできる様な改造を行いフレキシブルシャーシにすることで、バウンドを吸収する改造です。(写真追加予定)

タミヤ公式ガイドブック『ミニ四駆超速ガイド2020-2021』、『同2021-20221』に2回連続して掲載されています。現在の大会では、殆どの方がMSフレキを採用してMSシャーシで参戦しています。それだけ効果があり、実戦的ということと思います。もしかすると、MSフレキを装備したミニ四駆キットが出るのかな?などとも思っています。出ないかな??

独立懸架サスペンション

ミニ四駆の独立懸架サスペンションは、沢山の人が試作、検討をしている様です。ただ、未だ大会での実績は出ていないようで(?)、今後に期待です。

ミニ四駆 最速を目指すおすすめ改造まとめ

ミニ四駆で最速を目指すおすすめ改造は以下の内容です。

但し、どの様なコースでも最速になるというようなミニ四駆は存在しません。コースによって、セクションによって、その都度最適対応をした人が勝利を勝ち取るというのがミニ四駆と思います。熟練者は強充電・普通充電・弱充電の電池を3種準備して、大会に挑み、使い分ける。また、モーターの選定、必要な改造、不必要な改造、マスダンパーの重量調整などをコースを見て判断し、可能ならレース済みの人の話を聞いて、レース前に対応するとの事です。

おすすめ改造(写真追加予定)

  • モーターはハイパワー&ハイスピード系。
  • タイヤはローハイトのスーパーハードかローフリクションのペラタイヤ
  • ホイールはアルミ
  • シャーシはMSシャーシとしMSフレキの改造を実施。
  • フロント提灯とリアに東北ダンパー
  • (バンクスルー対応済みのブレーキ装備)
  • (フロントATバンパー、リアアンカー)
  • (底面はフラットに、壁に引っ掛かり難い形状に)

あ!!、勿論、上記の改造をする前に、各部の走行抵抗を最小限にするために、色々な速度アップ改造を実施済である事も重要です。

速度アップ改造はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました